No.8 旅は最高に楽しいよ!

掘井祐貴 / Menu

 

 

 

―まず、どういったキッカケで旅・海外に興味を持ったのですか?

 

 最初に海外に興味を持ったのは高校の頃かな。学校のプログラムで2週間、オーストラリア西部のパースにホームステイ。これが人生で初めての海外体験だったから、何もかもが刺激的ですごい大きな経験になったんだよね。

 

 

 

―ではその後、大学へ入学したら一人旅をするようになったのですか?

 

 いや、初めの1年間は本当にふつうの学生生活を送ってたんだ。ふつうに授業に出て、ふつうにバイトしてお金を稼いで、ふつうに遊んでみたいな。2年生になったくらいから「このままじゃやばいな」って危機感を抱くようになって、なにかしようって思ったときに頭に浮かんだのが留学だったんだ。

 もともと中学生の頃から英語がなんとなーく好きだったんだよね。歴史好きとか数学好きとか、そんな感じで。だから英語はけっこう独学で勉強してて、じゃあ英語圏に留学しよう!ってね。だけど僕の大学は交換留学先が限られていて、僕は英語を勉強するために留学したかったから、英語圏っていうのは譲れなくて。それで、1年間休学してカナダのトロントに語学留学に行くことにしたんだ。休学する人は周りにいなくて少し不安もあったけど、高校時代のホームステイの経験もあってそこまで抵抗にはならなかったかな。

 

 

 

 

 

 

 

―トロントでの留学生活はどうでしたか?

 

 それはもう、めっちゃ楽しかった!!半年語学学校に通って、2カ月インターンをして、ラスト3カ月はチューターをつけてまた英語の勉強。あくまで英語が目的の1年だったからね。

 トロントは人口の半分が非ネイティブカナディアンってくらいに多様性ある都市で、留学先もすごい国際色が豊かだった。最近は価格の安さからフィリピン留学が流行っているけど、やっぱりこっちは英語の本場だし、集まる人々の多様さが北米留学の魅力じゃないかなー。

 

 

 

―インターンや、さらにはチューターをつけての英語学習までされたのですか?

 

 そうだね。語学学校は英語の先生が教えるから、あくまで日常会話であってビジネス英語ではないんだよね。それに経験として海外の企業で働きたいってのもあったから、現地のイベント企画関係のNPO法人でインターンしたんだ。ネイティブカナディアンとビジネス英語に囲まれるって環境は少し大変だったけど、残業は一切ないし服装もカジュアルで、これが海外の企業かー!って新鮮だった。笑

 インターンが終わったらバイトも考えたんだけど、残り3カ月で雇ってくれるところなんてなかったんだ。それに本来の目的が英語だったから、だったらチューターつけて英語を勉強しようって。結果的にはTOEICも出発前の850の壁を越えて950まで達したかな。

 

 

 

 

 

 

―そして、世界一周の旅へ…

 

 実は復学してから日常がつまらなく感じるようになっちゃって、少しだれてたんだ。そしたら学生団体のイベントで世界一周した学生と初めて会って、おれも世界一周いけるじゃん!って。それからは就活とゼミと卒論と世界一周の準備を同時進行でやって、大変だったけど目標があるから全然苦にはならなかったかな。

 

 

 

―世界一周と聞くと資金が壁になりますが、どうやって準備されましたか?

 

 半分は自分で貯めて、もう半分は両親から借りることに。よく「旅をするなら自分のお金でするべし」って言う人いるよね?でも僕は、借りれる状況にいる人は借りていいと思うんだ。学生は時間がるけどお金を稼ぐ能力が低いし、逆に社会人になってお金を稼げても時間は無かったりするよね。単純に効率性というかさ、だったら借りて後で返せばいいじゃん!ってね。

 

 

 

 

 

 

―どういった世界一周されたのですか?

 

 西回りで123日間23カ国。実は留学のとき、帰りに3週間ヨーロッパを一人旅して帰ったから、日本→カナダ→ヨーロッパ→日本って世界一周してたんだ。だからこれは世界二周目!まあ、これは大したことじゃないんだけどね。笑

 僕の場合は留学の経験が大きかったかな。単純に英語が話せるってのもあるし、外国人と絡むときのノリとか会話のネタなんかもつかんでいたからね。もちろん日本人とワイワイするのも楽しいけど、外国人とワイワイするのも変わらないんだ。日本語でも外国語でもコミュニケーションできたっていうのが大きかったかな。

 

 

 

―世界一周中で印象的なエピソードはありましたか?

 

 1つはやっぱりトロント!1年間も過ごした地に2年ぶりに帰ってきたわけだからね。空港のバスからばりテンション上がってさーっ!ちょうどクリスマスシーズンで、留学してたときの友達と過ごしてすんごい楽しかった!!

 もう1つはアメリカかなー。実は日本出国前日に浅草に泊ってたんだけど、散歩してたらスナフキンの現代表(笑)から突然DMが来てさ。「カウントダウンはラスベガスで迎えるのですね♪...ボクもです!」って。そんな流れで互いに初対面な学生7人でレンタカーを借りて、スカイダイビングしたりグランドサークル巡ったり。ラスベガスでのカウントダウンは人だかりが本当にすごくて、アレが世界一周中の1番の思い出かなー。もう超絶リア充だった!!笑

 

 

 

 

 

 

 

―すでに卒業して社会人となりましたが、今後も旅は続けていきたいですか?

 

 どうかなー。もちろん時間があればしたいけど、そもそも僕ってそこまで旅好きとは言えないのかもしれない。風景を見て感動したことより、人とワイワイして楽しんだことの方が世界一周でも思い出になってるしね。

 今は新社会人として、新しいことしたいっていう気持ちの方が強いかな。だから次の目標は、海外でビジネスをすること!中学で英語を勉強し始めて、高校でホームステイして、ビジネスを勉強するために商学部に進んで、大学では留学と世界一周をして。こう人生振り返っても、僕の中で「英語」「海外」が人生のキーワードなのかもしれないな。

 

 

 

―最後に掘井さんにとって、旅とはなんですか?

 

 うーん、こういうのって難しいよね…笑。ただ僕の中で世界一周は単なる卒業旅行で、めっちゃ楽しくて、おしまい!って感じなんだよね。もちろん、自分の目で確かめてきて、それまで聞くだけだった話が自分の経験になって、地球の裏側の出来事も身近に感じれるようになって。こういうのって大切なことだと思うんよ。

 だけどこれとか「自分探し」みたいに小難しいこと言われるより、「旅ってめっちゃ楽しいです!超リア充です!」って聞いた方がさ、みんな旅に出たいと思うんじゃないかな。もちろん僕にとっても最高に楽しかったし、だからこそもっと多くの人に旅に出てほしいんだよね。

 旅は最高に楽しいよ!