No.11 自分の目で見たものしか信じない

                             12/07/14(Sat)  Menu

 

 

 

 

 

夏だカレーが食べたいいい!!!

代表のうっちーですっ。

 

いよいよボクのバンですねっ。

テーマは「初めての旅」、ということで大学1年夏の欧州一人旅を振り返ってみよー!

 

 

 

 

 

モン・サン・ミッシェルうつのめんどい…
モン・サン・ミッシェルうつのめんどい…
廃墟好き悶絶のハイデルベルク城
廃墟好き悶絶のハイデルベルク城

 

 

 

 

 

一応、国内一人旅は中学の頃からやってて、帰国子女(笑)なので初海外でもなく。

ゆーて、空港に降り立ったときはめっちゃワクワクドキドキだったけども!笑

 

5週間かけて、鉄道乗り放題のユーレイルパスとともにヨーロッパを一周グルッと。

今となっては考えられないような急ぎ足だったけど、毎日が感動ばかりで18歳には贅沢すぎる1ヶ月だったなー!

 

 

 

 

世界一美しい湖岸の村ハルシュタット
世界一美しい湖岸の村ハルシュタット
物価高に野宿を決意した北欧の玄関口コペンハーゲン
物価高に野宿を決意した北欧の玄関口コペンハーゲン

 

 

 

 

 

「ヨーロッパは人が冷たくて…」なんて言う旅人も多いけど、そんなことないと思う。

インドや中東と比べると確かに違うけど、それはなんというか質の違いであって。
英語が通じて、政治や社会みたいな話を深くできるのはむしろ欧米人じゃないかなーとも思う。

 

というか結局は、自分次第なんだよね!

「話しかけてもらえない」なんていう人は、その時点で受け身の姿勢なんじゃないかな。

初一人海外、それも電車旅ってことで会う人会う人に話しかけてたから、とっても温かい旅だったなー!

 

 

大聖堂で鬼ごっこ
大聖堂で鬼ごっこ
話に夢中で世界遺産の車窓を全く見なかったのもいい思い出!
話に夢中で世界遺産の車窓を全く見なかったのもいい思い出!

 

 

 

 

 

贅沢すぎる1ヶ月、これを夢見て大学受験を乗り切ったようなもの。

だけどホントに物価は高くて、スイスや北欧なんて鬼のようで…。
ノルウェーなんて確かコーラ1本350円!

けど2本買うなら500円みたいな謎のコンボシステムが一般的みたい。笑

 

お金なくて野宿したりもしたけど、それでも食べるときは食べるべきものを食べて。

なんだか「貧乏旅行!」と言ってその土地のものを全く食べずにパンばかり食べてて、「修行僧かよ」と突っ込みたくなるような旅人って多い気がする。

予算があるのは当然だし、結局は人それぞれなんだろうけどっ。

ただ、その土地の人と話したいから会いに行き、見たい風景があるから足を運ぶのなら、食事だって同じことだと思う。

まあ単純に、おいしいもの食べたいもの珍しいもの食べたほうが思い出になるなーって!

(偉そうに言いつつ、基本的に修行僧モードだったので5kgほど痩せることに…笑)

 

 

ベルギーならワッフルよりもムール貝!
ベルギーならワッフルよりもムール貝!
モン・サン・ミッシェル名物のオムレツはコースで60€くらい、後悔してはいない…はず…
モン・サン・ミッシェル名物のオムレツはコースで60€くらい、後悔してはいない…はず…

 

 

 

 

 

 

ひっさしぶりに振り返ってみたけど、初海外一人旅はめっちゃ楽しかった!!

 

マッターホルンをどうしても見たくて、そのために行き先をヨーロッパにして。

ただ行く前にガイド本でもネットでもいろいろ見まくってて、出発前なんか見飽きたよなーって勝手にモチベーション下がってた。

だけどそれをこの目で見たとき、そんな疑念は一瞬で吹き飛んだ。

 

「旅欲があんまり無い」が最近の口癖な自分。

それを言ったら、あの冒険家・写真家の石川直樹さんは「自分で見たいというのが今も昔も僕の原動力だよ」と答えてくれた。

やっぱり大切なのは、自分で体験するってことなんだよね。

 

 

スナフキンもこんなこと言ってるよ!笑

 

「僕は自分の目で見たものしか信じない。けど、この目で見たものはどんなに馬鹿げたものでも信じるよ。」

 

 

 

 

初めての旅って、いっかいきり。

初めての旅にしかないドキドキワクワクって、絶対にあると思う。

 

この夏休みに初めての旅に出る人、そんなドキドキワクワクを目一杯に味わってきてくださーっい!!

 

 

 

 

 

夕陽に燃ゆるマッターホルン
夕陽に燃ゆるマッターホルン

 

 

まさしくこれぞ絶景というプレーケストーレン
まさしくこれぞ絶景というプレーケストーレン